アービトラージとはどんな投資法?

アービトラージとはどんな投資法?

アービトラージは裁定取引の事で、業者間の金利差や価格差を利用して売買を行い、利鞘を稼ぐ取引を指しています。
これは、時間を優先、価格を優先、と言った業者間によって異なる取引システムが採用されている事に注目して発見されました。
別名「サヤ取り」とも呼ばれていて、注文ボタンを押す前に利益が出るかどうか確認する事が出来、またすぐに決算してしまうので、比較的リスクが少ない投資法だと言えます。
相場の予測をしなくても、価格と金利の差さえ理解出来ていれば着実に利益を上げる事が出来る事から、一時はアービトラージの商材が販売される程に人気があったようです。
ただ、アービトラージは僅かな利鞘を稼ぐ投資法である為、一回の取引で得られる利益は少額となります。
一発逆転するような大儲けには向かない投資法だと言う事を理解しておきましょう。
具体的な取引は、業者間の金利差や価格差の変動がどのタイミングで行われているのかを事前に把握しておき、経済指標カレンダー等において為替チャートが大きく動くタイミングを狙います。
この際に、瞬時に注文を入れる事によって利益をあげる事が出来るのです。
このような取引を行う為、円高や円安の局面であったり、トレンドの方向が明確に出ていない相場であったりしても、決められたルールに従って淡々とトレードを行う事で、利益を着実にあげ続ける事が可能となります。