【FX業者】スプレッドが狭い口座ってどこ?

【FX業者】スプレッドが狭い口座ってどこ?

FXの取引を行う上で、見逃せないのがスプレッドですね。
最近では、手数料が無料のFX業者が多くなり、スプレッド幅が狭い業者に人気が集まっている傾向のようです。
それでは、スプレッドが狭い口座を選ぶとしたら、どんな口座が良いのでしょうか。
まずお勧めしたいのが、DMM.com証券のDMM FX。
こちらは、一般的に人気のある通貨ペアのスプレッド幅を原則固定とし、業界最狭水準で提供することによって、多くの方にとって有利な取引が行える口座です。
スプレッド幅が狭いということは人気のある口座ということでもあり、ある年にはFX年間取引高1位にも輝きました。
次にお勧めなのが、GMOクリック証券のFX neo。
こちらは、人気の高い米ドル円のスプレッドを業界で初めて0.8銭にした高いスペックを誇っている業者です。
現在も、人気通貨ペアは業界最狭水準のスプレッドであるにも関わらず、原則スプレッド変動幅を固定制としているために、とても人気があります。
最後にお勧めなのが、FXトレーディングのFXブロードネット。
こちらは、人気の高い米ドル円のスプレッドを最低0.5銭、ユーロ円を最低0.9銭にしていて、最高クラスの取引条件を提供していると言ってもいいでしょう。
他の通貨ペアのスプレッド幅も満足できる狭さなので、スワップポイントの高さと合わせても、とても魅力のある口座なのではないでしょうか。