FX初心者の注意すべきポイント

FX初心者の注意すべきポイント

FX初心者の注意すべきポイントとして、信託保全の有無ということがあげられます。
FXの信託保全とは、投資家が預ける資金を守ってくれるシステムのことです。
FXでは、売買を始める前に一定の証拠金を預けることになっています証拠金は商品の代金ではなく、あくまでも預かり金です。
FX業者は顧客から証拠金の返還を求められたら、手数料等を差し引いて、直ちに変換する義務があります。
万が一、FX外為業者が倒産しても、顧客の資産は保全されるようにするためです。
顧客資産の分離保管に関して取引案内等に明記していないFX業者は、取引を避けるほうがよいと思います。
つぎにカバー先金融機関の信用性をよくしらべることがFXでは必要です。
いくら信託保全ができていたとしても、カバー先金融機関の信用性が低いと困ります。
口座を開く際には、カバー先金融機関の格付けなどもよく調べるることが大切と思います。
またFX初心者の注意すべきポイントとして、FXの特長の一つに比較的小額で取引を開始できることがありますが、例として10万円程度の証拠金を預託すれば、1万ドルの取引が可能になります。
しかしそれよりも損が膨らめば追加で証拠金を差し入れるか、損切るか、しなければならなくなります。
それからFX業者が買値と売値の両方を提示しているかどうかということも重要な注意点と思います。
FX業者を選ぶとき、買値と売値の差があまりないようなFX業者のほうが安全な取引ができると思います。