FXと外貨預金の違いは?

FXと外貨預金の違いは?

日本の超低金利を背景にして、最近では金利の高い外貨預金にシフトしている人も多いようですね。人気のFXも外国為替を扱っている商品ですが、それではFXと外貨預金の違いとは一体何なのでしょう。まず、外貨預金。外貨預金は、銀行で金利の高いドルなどの外国の通貨を買って、普通預金と同じように口座に預けておくものです。わざわざ証券会社に口座を開く必要もなく、普段利用している銀行で行えるので高金利を手に出来る手軽な資産運用と言えるでしょう。けれど、外貨預金の場合は、為替手数料が比較的高いのが難点です。また、円高の時に外貨を買って円安の時に円に交換しないと、為替差益により思わぬ損が発生する危険性があります。一方のFX。FXは、証券会社などの販売業者に証拠金を預け、自分の資産以上の金額で外貨の売買が出来る「外国為替証拠金取引」と言われているものです。外貨預金と違う所は、買いだけではなく「売り」からも入ることが出来るところで、円高の時でも円安の時でも、どちらからでも運用を始めることが出来ます。それに、自分の資産以上の金額を投資することが出来るので、上手くいけば短期間で資産を増やすことも可能です。FXにて長期運用を行う場合には、外貨預金の金利にあたる「スワップ」を毎日受け取ることも出来ます。外貨預金の場合には、途中で解約すると解約手数料が発生する場合もありますが、FXの場合はいつでも好きな時に決済出来るので、それだけ自由度が高い金融商品と言えるでしょう。