FXの信託保全とは?

FXの信託保全とは?

FX取引を始める際にFX業者へ証拠金を預けますが、もし、そのFX業者が破綻した場合、あなたが預けた証拠金はどうなってしまうのでしょう。ちょっと不安になりませんか?FX取引では、2009年から施行された金融商品取引法により、顧客の預けた資金とFX業者の資金とは完全に区別して管理することが定められています。これを「信託保全」と言います。万が一、FX業者が破綻した場合でも、信託保全された財産は債権者が強制執行や仮差し押さえ、仮処分等が出来ないようになっているのです。つまり、預けた資金が信託保全されていることにより、FX業者が破綻した場合でも確実に返還されるようになっているという訳です。けれど、信託保全が義務付けられているとは言っても、FX業者によっては、日々発生するスワップポイントなどを資産に含めるのかどうか、評価損益はどうするのか、毎日の資金を信託保全しているのか、それとも週ごとに行っているのかなど、細かい部分で規約が異なっています。また、信託保全を委託している金融機関ももちろん異なります。FX業者を選択する際には、この信託保全はとても重要なポイントです。あなたの大切な資産は自分で守らなくてはなりません。手数料やスワップポイント、スプレッドなどもFX業者を選択する重要な判断基準ですが、そのFX業者がどのように証拠金の信託保全を行っているのかも、きちんとチェックするようにしましょう。