FXは実際のお金よりも大きな取引ができる?(レバレッジ)

FXは実際のお金よりも大きな取引ができる?(レバレッジ)

FXの魅力のひとつに、レバレッジがあげられます。
このレバレッジとは、小さい金額で大きな金額の取引をすること。
つまり、あなたの手元の金額を数十倍、または、数百倍にして運用することができ、その差益を得られるのです。
具体的な金額を例に挙げると、例えば、100万円の入金(証拠金)でレバレッジの倍率が1倍であれば、100万円の取引しか出来ません。
ここでレバレッジの倍率を5倍にすると、500万円までの取引が可能となります。
もし、レバレッジの倍率を10倍にすると、1,000万円の取引が出来るのです。
もちろん、それ以上の倍率の場合には、もっと大きな金額の取引が出来るので、利益が出た場合にはかなりの金額となるでしょう。
うまく取引が出来れば、こんな美味しいことはありませんよね?
けれど、FXはそんなに甘くはありません。
レバレッジの倍率を高く設定していればしている程、あなたの予想通りに相場が動かなかった場合には損失も多額になってしまいます。
要するに、このレバレッジのかけ方ひとつでFXにおけるリスクの割合もかなり変化してくるというわけです。
レバレッジはハイリスク・ハイリターンであることを認識し、あなたの証拠金に見合った倍率のレバレッジで取引を行うようにしましょう。
万が一、損失が膨らむと、追加で証拠金を入れなければならない「追証」が発生します。
これは、多くの場合、レバレッジが高すぎることが原因となっていますので、このような場合にはレバレッジを低く設定するようにすると良いでしょう。