FXのテクニカル分析って?

FXのテクニカル分析って?

テクニカル分析とは、以前に発生した価格や出来高などの取り引き実績の時系列パターンをテクニカル指標やチャート(グラフ・罫線表)にして分析することを言います。
FXの場合には、チャートやその他のテクニカル指標を用いて今後の為替相場の予想を立てる分析方法のことです。
FXトレードの手法の一つである「ファンダメンタル分析」とは相対する概念となります。
テクニカル分析の具体的な技法は、取り引き価格の上昇トレンドと下落トレンドの転換を見いだす方法や取り引き価格に対する値ごろ感、変動値幅を算出する方法などがあります。
これらを実行する方法としては、判定方法の意味づけや人間による視覚的判断で利用する「チャート分析による図解的手法 」、分析の自動実行や分析チャートの作図を利用する「コンピュータで数値的に計算する手法」があり、分析結果の表示はわかりやすくするためにチャートを用いるのが一般的です。
代表的なテクニカルチャートとしては、ボリンジャーバンド、MACD、ストキャスティクス、RSI、一目均衡表などが存在しています。
「為替相場を動かすのは相場に参加している人」であり、相場に参加している人達がどちらの方向を向いているのか、その心理を反映させているのが分析結果のチャートです。
チャートの理論や仕組みをよく理解して、相場に参加している人達が何を考え、これから先、どう動いていくのかを予測することが重要だと言えるでしょう。