FXはスワップポイントの金利が大きい?

FXはスワップポイントの金利が大きい?

まず、スワップポイントとは一体どんなものでしょう。
スワップとは、各国の通貨間に金利差があった場合に生じる差益のことです。
そして、スワップポイントとは、金利の高い通貨を買って金利の安い通貨を売った場合に、その金利の差分を受け取ることです。
具体的には、もし、豪の金利が4.25%で日本の金利が0.1%だった場合、その差は4.15%となります。
この差がスワップポイントです。
もちろん、高金利の通貨を売って低金利の通貨を買った場合には、金利を支払う事になります。
スワップポイントは、このお金の受け渡しが毎日発生するのです。
この金利に大きな変動がなければ、買い続けることで金利が毎日確実に貯まっていきます。
FXでは、自分の手持ちの金額よりも、より大きな金額で取引が出来るので、この金利が何倍にも、もしかすると何十倍にもなる可能性があります。
FX投資の中で、このスワップポイントを受け取ることを中心に投資することを「スワップ投資」とも呼び、これだけを目的にしてFX運用をしている人もたくさんいます。
しかしながら、各国の金利情勢は日々変動し、その変化に応じてスワップポイントも変わっていきます。
取引する時点によって金利は変動しているので、十分注意が必要です。
また、スワップポイントはFX業者によって大きく異なります。
安定して高いスワップ金利を提示し続けているFX業者を選択することも重要です。