FXのスイングトレードって?

FXのスイングトレードって?

スイングトレードとは、数日間で売買を完結してしまう短期売買のトレード方法のことを言います。
取り引きを数時間から24時間以内で終了させるデイトレードは大きなリターンが得られますが、逆にリスクも大きくなる可能性があります。
デイトレードよりは長い期間で、スワップ長期トレードよりは短い期間での利益を目標とする中期的なトレード方法をスイングトレードと捉えている投資家もいます。
FXの場合は、指値(リミット)、 逆指値(ストップ・ロス・オーダー) 、これを組み合わせたOCO・IFD・IFOで、自動的に利益確定、損失確定を行うことが出来るので、ずっと相場に張りついている必要はありません。
特にスウィングトレードでは、売り買いの回数も少ない事から、普通のサラリーマンでも帰宅した後から気軽に参加することが出来ます。
また、平日は24時間市場がオープンしている為、取り引き時間外に相場が大きく変動するリスクもほとんどないのです。
スイングトレードで利益を得る為には、現状の相場状況を冷静に把握し、この先どうなるのか自分なりのシナリオを描くことが大切になってきます。
スイングトレードだから勝てるようになる訳ではありません。
でも、取り引きを数分以内で終了させるスキャルピングやデイトレードよりは「だまし」も少ないですし、長期の値動きの方が予測しやすいですから、FX初心者はスイングトレードから参加してみるのもいいでしょう。