FXのトレンド系チャートとは?

FXのトレンド系チャートとは?

FXを行う際に、チャートの分析は欠かせません。勘のみに頼った投資と比べ、チャート分析を行うことによって、確実に利益を生み出すことが可能となるからです。過去の価格や時間などのデータをもとに作られた「テクニカル指標」と呼ばれているものを利用するチャートは、大きく「トレンド系」と「オシレーター系」に分けることが出来ます。「トレンド系」と呼ばれているチャートには、代表的なもので移動平均線や一目均衡表、ローソク足などが挙げられます。このチャートを利用して、相場が現在上昇傾向にあるのか、それとも下降傾向にあるのかという相場の方向性、つまり、トレンドを分析するのです。もし、上昇しているようであれば買い、下降しているようであれば売り、といった順張りの投資の際に利用すると良いでしょう。また、トレンド系のチャートは相場の流れを判断するので、どちらかというと一日で取引を終了するデイトレードよりも、中・長期的な投資を目的としている場合に向いています。トレンド系のチャートだけでも様々な種類が存在していますが、全てを使いこなす必要はありません。いくつかのチャートを試してみて、あなたが一番使い勝手の良い、相場の判断がしやすいようなチャートを利用すると良いでしょう。それに、トレンド系だけではなく、さらにオシレーター系のチャートをうまく組み合わせて分析することで、相場の方向性と買い時や売り時の判断をより確実に行うことが出来るようになると思います。