トラリピってどんな投資法?

トラリピってどんな投資法?

FX取引を実際に行っている方でも、「トラリピ」と聞いてどんな投資法なのか、御存知ない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
トラリピとは、「トラップリピートイフダン」の事で、FX業者でもあるマネースクウェア・ジャパンが提供している自動売買注文方法のひとつです。
自動売買とは言っていますが、システムトレード等ではなく、トラップ(罠、仕掛け)、リピート(繰り返す)、イフダン(自動売買)を単純に組み合わせたものです。
具体的には、まず、買値と売値を指定してイフダン注文を行います。
買いが80円で売りが81円だとすると、レートが80円になると自動的に買い注文が成立し、その後、レートが81円になると再び自動的に売り注文が成立します。
この買値と売値の指定が「トラップ」となり、何本も注文を設定する事で「リピート」が可能となるのです。
買値と売値は好きなように値幅を決める事も出来ますし、通貨のペアも好きなように組み合わせる事が出来ます。
トラリピは、レンジ相場の場合には値動きが上下しているので、有効な投資法だと言えます。
でも、相場が一方向にのみ動いている場合には、売買が成立しなくなるので注意が必要となります。
それに、トラップを仕掛ける本数や、損切りのタイミングは本人が決めなければなりません。
システムトレードではなく、レンジ相場で使える便利な注文機能のひとつだと覚えておくと良いかもしれませんね。

トラリピってどんな投資法?関連ページ

トラリピで稼ぐ戦略って?
トラリピの失敗体験談って?