FXのIFD注文って何?

FXのIFD注文って何?

IFD(If done order、イフ ダン)注文とは、新規のエントリーと決済の二つを組み合わせて注文を行うことです。
IFD注文を行うことで、注文と決済まで連続して行うことができます。
例えば、現在のレートが1ドル100円だったとします。
この時、あなたがもし1ドルが95円になったら買って、105円まで上昇したら利益を確定して売りたいと考えたとしましょう。
その場合はIFD注文にて、まず「1ドル95円で買い」と指値注文で設定し、次に「1ドル105円で売り」と続けて指値注文で設定して、注文を出します。
これは、まず1ドルが95円になったら自動的に買い、この買い注文が約定した時点で次の「1ドル105円で売り」の指値注文が有効となります。
そして、相場が上昇し、もし、1ドルが105円になったら、その時点で自動的に売りが約定するのです。
つまり、もし、最初の取引が成立したら、すぐに次の取引を自動的に発注する注文方法が、IFD注文です。
最初の取引が成立しなかった場合には、もちろん、次の注文は発注しません。
これは、新規のポジション取りから決済までを自動でやってくれるので、非常に便利な注文方法と言えるでしょう。
もし、相場の流れがこれから上昇し、利益が伸びそうだと予想した場合には、「1ドル105円で売り」の利益確定の注文は出さずに、「1ドル99円で買い、1ドル95円で売り」と、損切り注文に使用するのも賢い利用方法なのではないでしょうか。