FXの成り行き注文って何?

FXの成り行き注文って何?

成り行き注文とは、現在表示されているレートでリアルタイムに売ったり、買ったりの注文を行うことです。
現在表示されているレートで、すぐに売買したい際に利用します。
この注文方法は、最も単純で基本的な注文方法と言えるでしょう。
例えば、現在のレートが1ドル100円だったとします。
この時、あなたが1ドル100円で売ったり買ったりしたいと思ったら、すぐに成り行きで注文を出しましょう。
すると、その瞬間に、1ドル100円で売買を約定させることができます。
つまり、成り行き注文とは、現在のレートですぐに買いたい場合やすぐに売りたい場合に利用する注文方法なのです。
ただ、ここで注意が必要なのですが、よく株取引で行われている「成り行き注文」とは厳密には異なります。
株取引で行われている「成り行き注文」とは、いくらでもいいから売買を成立させたい場合に利用し、注文を出した瞬間にどんなに値が動いても約定してしまいます。
ところが、FXにおける「成り行き注文」とは、現在のレートで注文を行ったとしても相場が大きく変動している場合には、注文した際のレートが大きく動いてしまい、注文がキャンセルされ、成立しない場合があるのです。
このため、どれくらいの誤差ならば許容して約定させるかを設定できるFX業者もあります。
もし、相場が加熱気味でレートの変動が大きいと感じたら、希望のレートを指定できる注文方法に変えるなどして、成り行きで注文を出すのは控えた方が無難かもしれませんね。